妊娠超初期時に気づかずに薬を服用!大丈夫?

公開日: : 最終更新日:2016/01/26 妊娠中の薬の服用 , , ,

妊娠超初期時に服用した薬は問題ない?

ガイド役のミヤが実体験を通して妊娠超初期時の便秘薬などの薬を服用してしまった場合の事についてお伝えしていきます。
妊娠と気づかずに風邪のような症状に風邪薬を飲んでしまったり、または私と同じように便秘症の場合などは当たり前のように便秘薬を服用してしまう場合もあるでしょう。私の妊娠時も当たり前のように便秘薬を服用してしまったのです。
それでは、便秘薬を服用後に妊娠に気づいた体験談をお話しします。

体調の変化は妊娠超初期時の症状か?

結婚当初は、私も夫も子供が好きなこともあり、すぐにでも妊娠していいと思っていたのですが、基礎体温もつけておらず妊娠後の事をまったく考えていませんでした。まだ、若かったのですと言いたい所ですがもう少し考えていても良い年齢ではありました・・・

そんな時に突然の体調の変化が訪れたのです。少し出血があったので早いけど生理が来たかなと思ったのにその後がいつもの生理とまったく違っていました。体が熱く感じる日々が続き体もだるい事からもしかして妊娠したのではと不安になりました。

便秘症のため下剤を常用

妊娠前は便秘薬を常用

妊娠は、望んでいた事なのでうれしいのですが、不安になった原因は普段から便秘気味のため下剤(コー○ック)を飲んでいたからです。妊婦さんは胎児への影響から薬を服用出来ないのに下剤を服用していたため「赤ちゃんに影響が出ないのだろうか」と考えてしまいました。
そのため、「薬を服用してしまっていたぁ」とちょっと狼狽してしまいました。
うれしいはずの妊娠が物凄く不安になり、もっと早くから体質を改善して便秘を治しておけばよかったと後悔する日々がしばらく続いたのです。

妊娠検査薬の使い方を間違ったため陰性

とりあえず、悩んでいても仕方が無いので妊娠しているのかどうかを確認するために妊娠検査薬を買ってきて試してみました。試してみると、陰性でした。妊娠ではなくて風邪なのかなとこの時は思いました。
妊娠ではなかったとちょっとほっとして、これから体質改善に取り組んで便秘を治そうと思ったのですが、妊娠検査薬の説明書をよく読むと生理開始予定日の1週間後、着床出血の2週間後に使用しないと正確な判定が出来ないと書いてあるではありませんか。
実は、この時点でまだ想定していた生理予定日より前だったのです。着床出血は調べてみると妊娠してみて初めてあの時の出血は着床出血なのかとわかる事とのことで生理予定日で考える事にしました。この事は、まだ誰にも話せないと不安な思いを抱えたまま10日後に再度妊娠検査薬を試そうと思いました。

ちなみに妊娠検査薬で陰性となるのは、妊娠していない場合はもちろんですが、検査時期が早期のためにまだ濃度に達していない場合と水分を摂りすぎたために尿に含まれる濃度が薄まったいる場合があります。この時期の私は、検査時期も早かったし、便秘を解消するために普段以上に水分を摂っていたために正確な判定が出来る状態ではなかったのです。
また、陽性反応が出た場合はほぼ妊娠確定なのですが、100%ではありません。

正しい使い方で妊娠検査薬を試すと陽性

話は、戻り万全を期して10日後に妊娠検査薬を試してみました。生理は来ないし、微熱は続いているので自分の中では妊娠以外ありえないだろうとの思いを抱いての再チャレンジです。
試してみると、クッキリとこんなにクッキリと出るのだろうかと思えるくらいにあっという間に妊娠検査薬は陽性とでました。便秘薬の事もあり、うれしい思いはまだなくやっぱりなと思いました。

妊娠超初期時の便秘薬の服用は大丈夫

とりあえず、産婦人科に行って相談してみなければと翌日行って検査をした結果は、妊娠していますとの事。そこで、一番確認しておきたい下剤を服用していた事を伝えた所、先生曰く妊娠しているかもと感じてから飲んでいないのであれば大丈夫と軽く言って下さりほっとしました。ただ、今後も今までの便秘薬は服用せずに出ないのであれば薬を出すので言ってくださいと言われました。

しかし、処方してくれる下剤は今まで使っていたものと同じように作用はしないとの事で、食事などで自力で日々出せるように体質を改善して言ってくださいと言われました
やはり、便秘症の女性が子供を作ろうと思えば体質改善は必修なのです。

妊娠を気づかずに服用した薬は問題ないの?

ただ、妊娠超初期時に服用してしまった便秘薬が問題ないと先生に言われたのにはホッとして嬉しさもやっとこみ上げてきました。
ネットなどでもいろいろと調べたのですが、妊娠超初期時に服用した薬は、体の中に残って作用し続ける薬(風疹のワクチンやリウマチの薬など)以外はほぼ大丈夫です。但し、お医者さんに確認するようにしてください。
妊娠する可能性がある場合は、生理が来ないことや体温が高い状態が続くことなどの体の異変を感じたなら妊娠をしている可能性が高いので赤ちゃんのためにも薬の服用は控えるようにすべきです。
何かの病気で医者にかかっているのであれば、お医者さんに妊娠する事に問題がないかどうかを服用している薬も含めて確認しておくことは重要な事だと思います。赤ちゃんに影響が出る可能性があるのであれば旦那さんにもしっかりと伝える事により避妊をしっかりと行えるからです。
しかし、妊娠初期にあたる4週目からは、赤ちゃんの大事な器官が出来る時期のため薬を服用してはいけません。服用する場合は必ず医師に相談して決められた量を服用するようにしましょう。また、ビタミンAやビタミンD,ビタミンKが含まれるビタミン剤なども普段飲んでいたとしても摂取量を確かめて推奨量以内に収まるようにしなければいけません。何事も過剰摂取はよくないのです。
もし薬などを服用してしまった場合は、お医者さんに相談するようにしてください。
一人で悩んでいるくらいならお医者さんに相談すべきです。

チェック 妊婦さんかも?の薬の服用まとめ

  • 病気などのために薬を服用しなければいけない場合は、お医者さんに妊娠した場合の影響を確認し、問題がある場合はしっかりと避妊する。旦那にもしっかりと伝える事が大切です。
  • 妊娠の可能性がある場合は、妊娠超初期時の体調の変化を見逃さないようにして、体調の変化は妊娠のサインである場合が多いことから安易に薬を服用しない事。もしくは、服用していたとしもすぐに服用を止めて妊娠しているかどうかを検査出来るタイミングまで待って検査をする。
  • 妊婦さんに取って必要な栄養素であるが過剰摂取をしてはいけないビタミンがあります。一つが、ビタミンAで免疫力を高めたり粘膜を丈夫にしてくれる大切な栄養素ですが特に妊娠初期に過剰摂取すると赤ちゃんに悪い影響が出る可能性があります。妊娠初期の推奨量は670マイクログラムレチノール当量(μgRE)です。上限は1500μgREです。ちなみに授乳中のは、1020μgREが上限となっています。過剰摂取は奇形胎児のリスクを高めます。その他にもビタミンDやビタミンKも過剰摂取により赤ちゃんへ悪い影響が出るリスクがあります。そのため、サプリメントなどを服用している場合は特に摂取量に注意が必要です。妊婦が1日に摂取したいビタミンDの推奨量は7μg。ビタミンKの推奨量は150μgです。どれも必要な栄養素ですが摂り過ぎはいけません。

あなたも生理痛の薬や下剤などを常用してはいませんか。私自身が特に便秘症だったことから便秘薬を常用していましたが妊娠してから自力でだせるようにもっと早くから体質を改善する努力をしていればよかったと感じました。便秘薬は便秘を改善してくれますが、便秘が治るものではないため使用していると徐々に服用しなければいけない量が増えてしまいます。これでは、体によくないですね。水分を多く取る事や腸内環境を整えたり、食物繊維の多い食事を摂ったり適度な運動をする事で体質も少しずつ変わってくるものだと妊娠してからわかりました。私自身は妊娠に気づいてから食習慣を見直しましたがあなたにはせめて妊娠を受け入れる心の準備が出来た段階から食習慣も含めて安易に薬に頼らなずに済むように生活習慣を見直してもらいたいです。

薬はお腹の赤ちゃんへの影響を考えれば極力さけたいものです。そのためにも妊娠前から体調の変化に十分に注意して過ごして妊娠に早く気づけるようにする事が大切です。

google

関連記事

記事はありませんでした

google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google

  • 映画にドラマにマンガと食事が大好きなインドア主婦
    プロフィール
便秘解消!妊娠中でも毎日自然にすっきり出す方法

便秘に悩む妊婦であるあなたに自然にすっきり出来て、あっという間に解消で

乳幼児にイオン飲料を飲ませる時は注意が必要!

妊娠している今だからこそ知っておいて欲しい知識ですが、出産後に乳幼児に

子供が将来お金に困らない考え方

妊娠中は、元気に生まれてきてくれればと誰しもが考えます。 ただ、生ま

乳児へのハチミツが危険と知らない世代

妊娠中のあなたやあなたの旦那さんならハチミツを1歳未満の子供に与えては

妊婦さんが知っておくべき健康を考えた油

妊婦さんになったという事は、もうすぐ家族が増えるという事ですね。そして

→もっと見る

PAGE TOP ↑