妊娠初期に便秘薬は処方してもらえるの?

公開日: : 最終更新日:2016/01/18 妊婦さんの便秘解消方法 , ,

妊娠初期に便秘薬は服用できるか?

ガイド役のミヤが妊娠初期の実体験もまじえて便秘薬と生活習慣を見直して便秘を解消した方法などをお伝えしていきます。

妊娠初期は、胎児の大事な器官が発達する時期ですので特に薬の服用には注意を払う必要があります。自己判断で市販の薬を服用するのは胎児へ影響するものもありますので必ず医師に相談してからにしましょう。
また、元々便秘症でなかった人も妊娠するとホルモンバランスの変化によって便秘になる場合もありますので、妊娠初期時の便秘を私ミヤがどのように解決していったか参考にしてみてください。

妊娠中は自己判断で薬の服用をしてはいけない!

自己判断で薬はだめ!

それでは、便秘でお腹が張ってどうしようもない時はどうすればいいのでしょう。実際、私自身も妊娠前からの便秘症でしたので妊娠初期時は特に苦労しました。3日も出てくれない時には思わず妊娠前から使っていた買い置きしてあるコー○ックに手が出てしまいそうになったものです。どうにもならない状態になる前に出したいって思ってしまうのです。そこで、つい考えてしまったのが誰でも買える売薬なのだらからそんなに強い作用がある訳ではないからいいかなって自分に都合よく思い込もうとしたのです。しかし、服用前に一応ネットで調べてみると慢性便秘症のミヤの使っていたのは、子宮収縮を引き起こす可能性のある刺激性下剤に分類されるもので妊婦さんは使用すべきではない下剤でした。便秘解消にはよく効く薬でしたがその分お腹の赤ちゃんに悪い影響が出かねません。
そこで、産婦人科の先生に相談してみました。そこで、医師に言われたのが、「赤ちゃんが大事でしょう、便秘の人は痔になってしまう人も多いので自力で出せるようになるために食生活から改善していきましょう」という言葉でした。今までの便秘薬は使わない方がいいでしょうとの事でした。ただ、用法容量を守れば赤ちゃんに影響の少ない安全性の高い下剤を処方してもらえることになりました。

妊娠初期に処方された下剤はマグミット錠

処方してもらったのは、マグミット錠と呼ばれる水分を腸に取り込み便を柔らかくする事によって排便を促す薬でした。ただ、便秘改善の効果のほどは穏やかに効いてくるらしい・・・
使い方としては毎食後2錠でお腹の具合をみながら調節していけばいいと言われました。服用する回数は市販の便秘薬以上です。
しかし、慢性便秘の私に効果があるのかと思えたのですが、赤ちゃんのためにも食習慣なども見直して健康体になるように頑張ってみてくださいと言われれば返す言葉もありません。便秘を治すためには、食習慣の見直しと水分補給、腸内環境を良くする事、適度な運動で改善していかなればいけません。
そして、しばらくしても便が出ないようであれば、もう少し強い薬を処方するのでその時はまた来てくださいって言われたのです。もう少し強い薬も今頂けた方が良いような気がしたのですがとりあえず頂いたマグミット錠と便秘改善のために食習慣を見直して便秘を解消できるか試してみようと家に帰りました。

マグミット錠と水分補給で便秘解消

マグミット錠と水分

病院から帰る途中に気づいたのですが、妊娠前はコーヒーが好きでよく飲んでいたのですがカフェインが入っているため妊娠後は飲んでいませんでした。コーヒーは朝の一杯くらいなら良いそうなのですが、私は少なくても毎日4杯のコーヒーを飲んでいたくらい好きだったので一日一杯で我慢しなければいけないのであれば、出産まで飲まないと決めて飲んでいませんでした。しかし、コーヒーを飲まない分、水分を取る量が減っている事に気づいたのです。これでは、便秘になるべくしてなったと言えなくもありません。
そこで、腸内環境を良くするためにとりあえず、飲むヨーグルトを買って帰りました。そして、さっそく家に着いてから乾いた喉を潤すために飲んでみる事にしました。飲むヨーグルトは、日々コップ一杯を飲むのが良いとヨーグルトの注意事項の所に書いてあったのでそれを守りとりあえず1杯。飲むヨーグルトと言いますか、ヨーグルト自体を摂取するのが本当に何年ぶりだろうってくらいでしたが、こんなに美味しいものだったかしらと思いました。体が求めていたのでしょうか。次にお医者さんからも水分を多めに取る様にと言われていたので夕飯までに500mlのペットボトルの水を1本のみました。夕飯を食べて寝るまでの間にも500mlの水を飲みました。そして、その日の夜にマグミット錠を二錠服用しました。朝起きがけに水を一杯のむと久々にお腹にググッとくるものがありました。最初は硬かったのですが、その後に続いた物から推測する症状は下痢のような状態でした。でも思いのほか久々にすっきりとした感じになりました。

便秘解消には水分補給がかかせない!

マグミット錠では効かないのではないだろうかと半信半疑でしたが、普段の倍以上の水分補給と野菜を多めに食べた事もあって出てくれたのではないかなと感じます。もちろん、マグミット錠の効果もあった事は確かだと思います。

なぜなら、あまり薬に頼りたくないとの思いがあったので、便が出たこの日はマグミット錠を飲まなかったのですが、次の日は出る気配がまったくありませんでした。ただし、飲むヨーグルトは1杯飲んだのですが、水に関しては、1Lも飲んでいませんでした。野菜は多めに食べたつもりです。

出てくれた開放感からつい苦しかった事を忘れてしまい、水分補給をあまり意識しなかった事が良くなかったのだと思いました。そこで、便秘解消のために一日に最低1.5Lの水を飲もうと決めたのです。
しかし、水を飲んだからといって、やはり元々便秘症だからか簡単にはでてくれません。今まで、便秘薬に頼っていたので腸の活動が弱いのかもしれません。これから、ちょっとづつでも腸が正常な活動に近づけるようにしていきたいと色々と調べて実践していく事にしました。

食物繊維で便秘解消!マグミット錠もより効果的に

まずは、先生が言われていた食生活の改善で、便秘に良い食材を取り入れていく事にしました。そこで分かった事が、食材の食物繊維には2種類あるという事です。それは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。今まで、便秘解消のために食物繊維を摂取するといいという事は知っていたのですが、食物繊維が2種類ある事は知りませんでした。しかも、この2つの食物繊維は体の中で違った働きをしてくれます。
水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維のため便を柔らかくしてくれるのです。これは、病院で処方してもらった便秘薬のマグミット錠と同じような働きをしてくれる食物繊維なんだなって事がわかりました。つまり、水溶性食物繊維をしっかりと食事から摂取できればマグミット錠を使わなくても出せるかもしれないと希望が持てました。
そして、もう一つの不溶性食物繊維ですが、こちらは水に溶けない食物繊維ですが水分を含み大きくなるために腸の活動を活発にしてくれる働きがあります
しっかりと2つの食物繊維を摂取し続ければ、便秘も解消されるかもしれないと希望が持てました。

そこで、実践です。水溶性の食物繊維は、わかめや果物などに多く含まれています。不溶性の食物繊維は、キャベツやレタス、大豆、小豆、キノコなどに多く含まれています。また、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維のどちらも多く含むのがアボガドやサツマイモ、ゴボウ、ゴマ、切干大根などです。
また、朝はパンて方なら両方の食物繊維が豊富なライ麦パンがいいでしょうし、納豆も両方の食物繊維が豊富で腸内環境の改善までしてくれるので便秘には最高の食材です。

ちなみに我が家の夕飯の味噌汁の具には両方の食物繊維が含まれているゴボウは欠かせなくなりました。ゴボウはお汁に入れるととても美味しくなるしニンジンやキノコなどの具とも相性が良く使い勝手の良い食材だったからです。
そこに、ゴマを常備してほうれん草と和えて食べたり、お昼は納豆ご飯を良く食べていました。

便秘解消にオリゴ糖は効果的

結果的には、あまりひどい便秘になることは無くなりました。ただ実感としては、食物繊維の摂取は欠かせないものですが重要なのは水分をしっかりと取る事かなと感じています。運動も大事なのですが私自身は普段の生活を今まで通りにやっていければいいかなと思って特に取り入れませんでした。
それと、効果を感じさせてくれたのがオリゴ糖でした。最初は飲むヨーグルトを飲んでいたのですが、途中から朝ごはんとしてヨーグルトにドライフルーツを入れて食べていたのですがそこにオリゴ糖を入れたら思った以上に通じはよくなりました。ただ、勘違いしないで欲しいのはしっかりと水分も取っていて食物繊維も意識して摂取した上に腸内環境を良くするために食べていたヨーグルトにオリゴ糖を取り入れた結果通じが良くなったので、オリゴ糖の効果もあるでしょうけれど、オリゴ糖だけで便秘が改善された訳ではないのです。
そして、ヨーグルトを食べていて気付いたのですが思った以上にヨーグルトって各社の味が違うものです。一度食べ比べてあなたに合ったヨーグルトを探してみるのもいいかと思います。

妊娠中の便秘解消のまとめ

  • 妊娠中でも便秘薬は処方はしてもらえる。しかし、効果は穏やかに効くタイプのものなので、水分補給や食生活の改善なども取り入れる事が大事。
  • 便秘解消には水分補給がかかせません。私自身は1.5L以上を飲むようにしていました。最初は水でしたがつわりがひどくなってからはアクエリアス ビタミンをよく飲んでいました。
  • 便秘解消には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類をバランスよく摂取する事が大事です。食材の中でも両方の食物繊維がバランスよく入っているのがアボガドとサツマイモとゴボウ、切干大根、ゴマなどです。両方の食物繊維が入った食材を食事の中に一つ取り入れるといいでしょう。
  • 腸内環境は、食物繊維でも良くなるものですが、ヨーグルトなどでさらに腸内環境の改善を良くしてそこにオリゴ糖を加えるとさらに効果的
  • 運動も便秘解消には大事な要素ですが、妊婦である事を自覚して無理をしない範囲で行う事が大事です。一人でいる時に何かあったら大変です。
  • つわりの時期は、あまり食べられないので出にくくなるものですが、水分補給と食べられる食物繊維を意識して摂るとそれほどひどい事にはなりませんでした。ドライフルーツは色々な種類があり食物繊維も豊富なのでいろいろ試してみるといいかもしれません。
  • どうしても出ない時は、お医者さんに相談して処方された便秘薬を使いましょう。ちなみにイチジク浣腸は妊婦さんには使えません。

便秘は、妊婦さんでなくてもつらいものですが妊娠するとお腹の赤ちゃんへの影響から特に慢性の便秘症の場合は本当に大変です。便秘薬で腸を動かして出していたので自分自身では出しにくくなってしまっているからです。
これから、赤ちゃんをと考えている便秘症の方は今から便秘解消に取り組んでみるべきです。そうすると、ちょっと苦しいなって時に産院から処方されたマグミット錠でも効果を発揮してくれる体になっていくものです。
今現在、妊娠していて出ないとお悩みならまずは、お医者さんに相談してみてください。そして、とりあえずスッキリとしたなら便秘を根本から治すためにも上記を参考にしてみてください。きっと改善していく事でしょう。

 

 

 

google

関連記事

妊娠中の便秘、処方してもらった薬が効かない!解消法はある?

妊娠中に処方された便秘薬が効かないのには訳がある 妊娠中の便秘は、辛いものです。妊娠していない時な

記事を読む

便秘解消!妊娠中でも毎日自然にすっきり出す方法

便秘に悩む妊婦であるあなたに自然にすっきり出来て、あっという間に解消できたって方法をお伝えします。

記事を読む

妊娠して便秘の症状に苦しみチアシードで便秘解消へ

こんにちは、管理人のミヤです。今回は妊娠初期につわりの症状が出てから便秘になり妊娠6カ月を過ぎてさら

記事を読む

google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google

  • 映画にドラマにマンガと食事が大好きなインドア主婦
    プロフィール
便秘解消!妊娠中でも毎日自然にすっきり出す方法

便秘に悩む妊婦であるあなたに自然にすっきり出来て、あっという間に解消で

乳幼児にイオン飲料を飲ませる時は注意が必要!

妊娠している今だからこそ知っておいて欲しい知識ですが、出産後に乳幼児に

子供が将来お金に困らない考え方

妊娠中は、元気に生まれてきてくれればと誰しもが考えます。 ただ、生ま

乳児へのハチミツが危険と知らない世代

妊娠中のあなたやあなたの旦那さんならハチミツを1歳未満の子供に与えては

妊婦さんが知っておくべき健康を考えた油

妊婦さんになったという事は、もうすぐ家族が増えるという事ですね。そして

→もっと見る

PAGE TOP ↑