妊娠中の薬の服用のリスクと使わないリスク

妊婦の薬を服用するリスク服用しないリスク

 

妊娠20週目に風邪を引き病院に行かずに悪化

千葉県在住のGさんの妊娠中の薬服用の体験談

38歳で一人目を妊娠し、妊娠20週目に夫から風邪をうつされました。夫は軽少だったのに私は妊娠中で体力が落ちていたのか、悪化させてしまいました。
もともと喘息持ちで気管が弱く、風邪をひくとすぐ気管にくる体質でした。最初風邪のひきはじめの時は妊娠をしているので赤ちゃんへの影響を考えて薬を絶対に使いたくない思っていたので、民間療法やお婆ちゃんの知恵袋てきなものをネットで検索して、大根と生姜のすりおろしだとか、蜂蜜のカリン漬けなどを試したのですが、妊婦である私の体には全然効果がありませんでした。
夜中は咳が酷くて寝てられず、睡眠も十分に出来ないので風邪が良くなるどころか悪化しているように感じ、これはもう自力での回復は無理だと思ったので、妊婦ではありますが風邪の症状なので迷う事無く産婦人科ではなくて近所の中堅どころの総合病院を受診しました。
すると妊婦だとわかった途端に、うちでは診れないから掛かり付けに行って!と受診を断られてしまい、ゲホゲホゼーゼーしながらあまりの理不尽さに怒り狂いながら帰ってきました。掛かり付けと言われても、普段風邪引いた時は近所の何の考えもなしに選んだ適当なクリニックにかかる程度で掛かり付けというほど親密な付き合いをしている病院なんてありません。

風邪を引いた事を産婦人科に相談し薬を服用し治療

どうしようかと悩んでようやくかかっている産婦人科に電話してみることにしました。そして電話で話ながらゲホゲホゼーゼーしてたら、その咳で腹圧がかかって切迫早産になるかもしれない、そっちのほうが心配だから今すぐ来てくださいと、思ってもみなかったことを言われ、あわてて産科に行きました。
そこからお腹の様子を調べて、幸い赤ちゃんには問題なく良かったのですが、元々の風邪のほうはどうしようかということで、産婦人科から呼吸器内科へまわしてもらうことになりました。
最初から産婦人科へ相談しておけば良かったと自分のバカな行動を反省しながら呼吸器内科にかかると、すでに気管支炎が悪化して喘息が出ちゃってるとのことで、よく今まで我慢したねーなどど言われながら、抗生物質とステロイド系の吸引薬を処方されました。私が薬は使いたくなかったので今まで我慢してしまった話をすると、すごく優しいその先生は、気持ちはよくわかるよ!と言いながら、薬を使うリスクと使わないリスクをしっかりと説明してくれました。とにかく、お母さんの酸欠状態が続くと赤ちゃんに十分に酸素が回らず、それは非常にまずい状況、それより薬のリスクのほうがはるかに少ないのだからしっかり薬を服用するようにと言われました。抗生物質も赤ちゃんへの影響より、菌が体にある状態のほうが良くないのだからと説明され、ようやく安心して薬を飲むことが出来ました。
最初はとにかく妊娠中に薬を服用する事が赤ちゃんを守りきれないダメ親と思っていて無理をして余計悪化させてしまったのですが、使うリスク、使わないリスクをしっかりと先生から説明してもらって納得できたので、妊娠中薬を服用するのが必ずしも悪ではないんだと知ることが出来ました。それからは悪化させる前に喘息の吸引をきちんと行い、出産まで気管支炎が出ることはなかったです。余談ですが、喘息持ちの人は出産時、急に喘息発作が出ることがあると先生達が慎重になっていたのですが、予防薬のお陰か幸い出ませんでした。
妊婦さんは出来れば薬を使わずに出産までいければいいのですが、何らかの体に良くない症状が出た時には一人で何とかしようと考えずにすぐにかかっている産婦人科に相談してみるのが最善の方法だと思います。私のように悪化してから病院にかかるより早く良くなるでしょう。

google

関連記事

妊娠線はニベアで妊娠初期から予防しました!

妊娠線予防を始めた時期は妊娠6週目から 北海道在住のGさんの妊娠線予防法体験談 私は34

記事を読む

妊娠中の足のしびれを改善するためにトコちゃんベルトを購入

妊娠8か月くらいに足がしびれるトラブルが発生 マレーシア在住のAさんの足のしびれ改善の体験談

記事を読む

つわりの時期が長かった二人目の妊娠

  福岡県在住のAさんのつわりの体験談 妊娠したのが長女が35歳の時で

記事を読む

妊娠中の貧血対策は不安なく出産するために必要!

初めての妊娠時に貧血の数値が基準を下回り大変な事に! 福島県のKさんの妊娠中の貧血対策の体験談

記事を読む

妊娠中の体重管理のためやっていた運動と食事

妊娠中のウォーキング[/caption] 妊娠初期の食べつわりで体重が1か月で3キロ増 神奈川

記事を読む

妊娠はつわりで気づき吐きつわりに徐々に対応

  つわりの症状で妊娠かなと感じる 宮城県在住のAさんのつわり時の体験談

記事を読む

妊娠後期の便秘に赤ちゃんへ影響がないか心配で便秘を改善

妊娠前と生活習慣が変わり便秘に 茨城県のYさんの妊娠時の便秘解消法 私は26歳の時に初め

記事を読む

妊娠中の体重管理と赤ちゃんの体重

妊娠中の体重の増加はどのくらいまで? 兵庫県のMさんの妊娠中の体重管理の体験談 一人目を

記事を読む

初めての妊娠で思いもよらない症状が現れる

妊娠したら薬が使えない!大丈夫だろうか? 埼玉県のCさんの体験談 妊娠前から軽い喘息もち

記事を読む

安定期以降の便秘をマタニティヨガと揚げ物で解消

妊娠前は生理中だけ軽い便秘だったのに 福岡県のSさんの妊娠時の便秘解消法 27歳の時に第

記事を読む

google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google

  • 映画にドラマにマンガと食事が大好きなインドア主婦
    プロフィール
妊娠中の便秘がカイテキオリゴで解消!

カイテキオリゴが届きました! スマホから注文して、3日目。

乳幼児にイオン飲料を飲ませる時は注意が必要!

妊娠している今だからこそ知っておいて欲しい知識ですが、出産後に乳幼児に

子供が将来お金に困らない考え方

妊娠中は、元気に生まれてきてくれればと誰しもが考えます。 ただ、生ま

乳児へのハチミツが危険と知らない世代

妊娠中のあなたやあなたの旦那さんならハチミツを1歳未満の子供に与えては

妊婦さんが知っておくべき健康を考えた油

妊婦さんになったという事は、もうすぐ家族が増えるという事ですね。そして

→もっと見る

PAGE TOP ↑